ホーム » 未分類 » バイナリーオプションの仕組みについて

バイナリーオプションの仕組みについて

バイナリーオプションというのは、外国為替相場が短時間でも上下に価格が変動するということを利用した金融商品の一種ですが、一般にいわれている外国為替証拠金取引とは、仕組みが少々異なっています。そのため、仕組みをよく理解した上で取引を開始することが求められる金融商品といえます。バイナリーオプションの場合、判定時刻をあらかじめ決めておいて、その判定時刻における通貨の価格が、基準となっている価格よりも上か、下かといった、単純な方法で判定を行うことになっています。実際の取引では、たとえば午後2時におけるドル円の価格が100円といった基準があったとすれば、100円よりも上の場合に行使できる権利を購入するか、逆に100円よりも下の場合に行使できる権利を購入するといった方法になります。結果として、こうした予想に勝利した場合には、ペイアウトとよばれる払戻金を受けられることになりますが、そのペイアウトには一定の倍率がもうけられていますので、実際に購入した権利の金額よりも、かなり大きな金額を得ることができ、これがバイナリーオプションにおけるトレーダーの収益となってくるわけです。

いっぽう、予想が外れてしまった場合であったとしても、トレーダーが負うべき損失は、権利を購入した金額だけですので、一般的な外国為替証拠金取引にくらべると、損失の幅は限定されており、あらかじめリスクとリターンの見込みを立てやすいということができるでしょう。また、バイナリーオプションで取り扱っているのは、あくまでも権利そのものですので、たとえば判定時刻の前であっても、予想が当たらなそうだと考えたときには、はやめにもっている権利を売却して、損失をできるだけ少なくしてしまうということも可能です。そのため、バイナリーオプションの取引をする画面では、通常は購入の場合の金額と、売却の場合の金額の、ふたつが同時に提示されるという状態になっています。この金額は、通貨の値動きにあわせて時々刻々と変化することは、一般的な外国為替証拠金取引と同じです。