普通の外貨預金よりも手数料が安いのが魅力です

外貨を売買するときには、日本円から外貨に交換する場合も、外貨から日本円に交換する場合も、手数料というものがかかります。そして、この手数料というものも無視できない金額です。たとえば、1ドル123円の時に米ドルを購入しようとすると、1ドル125円くらいのレートを適用されたりします。そうなると、さらに円安になったからといって日本円に戻そうとしても、このレートが気になって、なかなか日本円に戻せないのです。これが、普通の外貨預金では大きなネックとなってしまいます。そのため為替差益で利益を出すことは容易ではないともいえるのです。

 

その点、FX取引ならば、手数料はずっと安いです。そして、ちょっとした為替相場の変動を利用して利益を出すことが可能です。FX取引ではレバレッジが適用されています。そのため、大きな損失を出してしまうことを心配する人もいます。そういう人たちは、レバレッジを1倍に設定すればいいのです。そうすれば、手数料が安い外貨預金として安心して取引をおこなうことができます。そして、慣れてきたらだんだんとレバレッジを大きくしていくといいでしょう。

 

FX取引というと、レバレッジによって大きな損失を出してしまう人のことが話題になりがちです。そして、上級者向けの投資だともいわれます。しかし、レバレッジを1倍にすれば、お得な外貨預金とすることもできるのです。外貨預金の手数料が気になっている人は、FX取引を検討してもいいでしょう。

 

ただ、欲を出して、レバレッジを大きく設定してしまうと大変なことになる可能性もあります。レバレッジに伴うリスクなども十分に理解した上で始めるといいでしょう。また、日本円と比べると、海外の通貨は金利が高いです。そういった視点からFX取引を始めるのもいいと思います。FX取引のリスクというものを理解した上で、お得な利用方法を考えるといいでしょう。そして、資産を増やすことにつなげるようにするといいのです。